参加申請

展示会の参加規定

第1条(用語の定義)
  1. 主催機関とは、展示会を運営する韓国ディスプレイ産業協会をいう。
  2. 出展社とは、展示会への参加申請と併せて所定の出展料金を納付した企業をいう。
第2条(参加申請および出展料金の納付)
  1. 参加申請の最小面積は単位ブース(9sqm)であり、単位ブースの倍数で追加申請することができる。ただし、独立ブースは、最小2ブース以上の申請が可能である。
  2. 出展料金は指定された口座に振り込み、契約金(出展料金の50%)は参加申請後14日以内に納入し、出展料金の残金は2021年6月30日までに完納しなければならない(手形不可)。
  3. 提出書類(参加申請書、事業者登録証、契約金入金証)がすべて提出されなければ、正式な参加申請として認められない。
第3条(展示場の使用期間)
  1. 展示場の使用期間は2021年8月25日~27日とする。
  2. 展示場の開場時間は毎日10:00~17:00(7時間)とする。
  3. 準備および撤去期間中の展示場の使用時間は08:00~20:00(12時間)とする。時間外使用が避けられない場合は、時間外使用料をその企業が負担する。
第4条(ブース割り当て)
  1. 出展社のブースの規模、参加申請順を最優先にしてブースを割り当てることを原則とするが、効率的な展示館構成のために、主催機関が任意で割り当てることができる。
  2. 主催機関は、既に確定したブースの位置、規模などを任意で変更することができ、出展社は、変更の結果に対する異議申し立てや補償などを要求することはできない。
  3. 出展社は、主催機関の事前承諾なしに割り当てられた展示面積の一部または全部を他の会社に一切レンタルまたは出展社の相互間で交換することはできない。
  4. 出展社のブース配置は、2021年6月30日の展示参加申請締切終了後、出展社を対象にブース割り当て原則に則って配置し、2021年7月1日以降の出展社は、主催機関が残りのブースに配置することを原則とする。
第5条(展示室の管理)
  1. 出展社は、参加申請書に明示した展示品を展示し、常駐の要員を配置する。
  2. 展示物品や関連機器の最終的な管理責任は出展社にあり、主催機関は異議、盗難、火災、破損など、展示場内で予想される各種の事故による一切の財産上の損失に対して補償しない。また、展示品の保険加入は、出展社が任意で行う。
  3. 出展社が参加申請書に明示した展示品と異なる物品を展示したり、展示会の性格に適合しない物品を展示する場合、または展示場内で販売行為をした場合、主催機関はすぐに展示を停止し、撤去、または搬出を命ずることができる。この場合、出展料金は返還されず、出展社はこれによる賠償を請求することができない。
  4. 主催機関は、必要に応じて特定の者の展示場への出入りを制限することができる。
第6条(展示準備および原状回復) 
  1. 出展社は、割り当てられたブースの場所に、指定された準備期間内にブース設置および展示品搬入などの展示の準備を完了する。
  2. 出展社は、展示会閉幕後、展示場撤去期間内に展示装置物および展示品の一切を完全に撤去し、原状回復しなければならない。期間内に撤去しなかった場合、第三者の撤去費用は出展社が負担する。
第7条(独立ブース規則)
  1. 独立ブースは、2ブース以上から適用可能であり、ブース配置によってブースの高さが制限される。
    (ただし、ブースの高さは、第8条ブースの設置制限および防火規則による)
第8条(ブース設置制限および防火規則)
  1. すべての装置物の高さは、展示規模、位置などを考慮して、主催機関が指定した範囲(高さ)を超えることはできない。
    • 基本ブース:4ⅿ以内
    • 独立ブース(2ブース以上):5ⅿ以内
  2. 出展社のブースが、主催機関が指定した高さを超えたり、主催機関の規定を違反して、虚偽の設計図を申告して設置した場合、主催機関は現場でブースの解体および再作業を指示することができ、当該企業およびブース設置企業に限り、次年度の出展を許可しない。
  3. 展示場内の装置物の資材は、消防法規に基づいて不燃処理されたものを使用し、主催機関は必要に応じて是正を要求することができる。
第9条(重量制限)
  1. 出展社は、展示品が1.5トン/sqm以上の場合、主催機関との事前協議を通じて安全措置を講じた後、展示場内に搬入しなければならない。
  2. 重量物の搬入・搬出・設置時は、上面に集中荷重を受けないように分散措置を講じなければならない。
第10条(解約)
  1. 主催機関は、次の場合には一方的に参加申請を解約することができる。
    • イ)出展社が出展料金を期限内に完納しなかった場合
    • ロ)出展社の一方的な意思で参加をキャンセルしたり、割り当てられた展示ブースの全部または一部の使用を拒否した場合
    • ハ)出展社が参加規定を遵守しなかったり、展示会の推進を阻害する行為をした場合
  2. 上記1の参加申請の解約時、出展社が納付した出展料金は返金しない。
    ただし、出展料金を完納した企業が、会社整理等やむを得ない事情によって参加キャンセルが避けられない場合は返金し、このようなキャンセル要求は書面で行わなければならない。
  3. 払い戻しが不可能な出展料金は、次期に開催される参加経費として繰り越されない。
  4. 政府の方針、天災地変などのやむを得ない事情で展示会が中止されたり、延期された場合は、主催機関の決定に従う。
    キャンセル要請公文書受理日 払い戻し額
    2021.6.30 まで
    全体出展料金の100%
    2021.7.16 まで
    全体出展料金の50%
    2021.7.17 以降
    全体出展料金の0%
第11条(展示場内の音響制御、通路イベントなどの禁止)
  1. 映像、音響機器の展示は、必ず外部との音が遮断された音響室を設置するか、個人鑑賞用ヘッドホン/イヤホン等を配置して、出展社の商談活動に支障をきたしたり、隣接する他社に騒音公害が及ばないよう注意する。
  2. 過剰な音響放出で、展示場内の商談雰囲気を阻害すると判断される場合、主催機関は当該ブースの電力遮断、ブース閉鎖、撤去などの諸措置をとることができ、この場合、出展社は、これによる損害賠償などを主催機関に請求することはできない。
  3. 出展社は、展示場の通路に接する場所では、イベントなどを開催することはできない。
第12条(出展社マニュアル、補充規定、規定の遵守)
  1. 主催機関は、展示業務の遂行に必要なマニュアルを準備し、出展社に提供する。
  2. 主催機関は、必要に応じて本規定に加えて詳細運営要綱を制定することができ、出展社は、本規定だけでなく、補充規定も遵守する。
  3. 出展社はCOEXの諸規定を遵守する。
第13条(規定の解釈)
  1. 本規定の解釈について、主催機関と出展社の間で意見の相違が発生した場合、主催機関との解釈と決定に従うものとする。


展示ブース参加申請の手順

次のガイドラインに沿って申請書を作成する。

1. 申請書を作成する前に、「IMID2021 一般規定と規則」を読む。

2. Download the application form: Download

申請書をダウンロードする。

3. 作成した申請書を電子的、または手渡しで提出する。

4. メールで申請する場合lth@kdia.org」宛に送信する。

5. 申請書の伝達時に問題が発生した場合、「+82-2-3014-5702」に連絡する。



お問い合わせ

  • KDIA展示&マーケティングチーム
  • 電話:+82-2-3014-5702
  • メールアドレス:lth@kdia.org
  • ファックス : +82-2-556-2234